メイクアップアーティスト 特殊メイク

メイクアップアーティストと特殊メイクアップアーティストは違う?

メイクアップアーティストの活躍の場は色々な場面にあり、その仕事も様々ですが、その中でも際立って異色なのが、特殊メイクを施す、特殊メイクアップアーティストです。

特殊メイクアップアーティストとは、読んで字のごとく、特殊メイクを施すメイクアップアーティストのことです。

特殊メイクは映画や演劇、バラエティ番気味などでも俳優の顔に様々な人工物を付けて別の顔に作りあげる技術のことです。簡単なものでは、傷跡を作ったり、顔全体に特殊メイクを施して、若い俳優を老人にしたり、怪物や宇宙人などを作ることもあります。

特殊メイクの本場はアメリカですが、SF映画やホラー映画などには特殊メイクは欠かせないものです。

この特殊メイクアップアーティストは、一般的なメイクアップアーティストとは、少し違った経歴の人が多いのです。それは、特殊メイクに使う材料などにも関係しています。一般的なメイク道具を使って施す簡単な特殊メイクもありますが、本格的なものとなれば、使う材料は、石膏、シリコン、薬品など様々なものになってきます。そのため、特殊メイクアップアーティストが、技術を勉強したスクールというのは、メイクアップスクールではなく、美術系の大学だったり、またそこから留学をして本場のアメリカで技術を習得してきているケースもあります。

もちろん、一般的なメイクアップスクールでも特殊メイクに関するカリキュラムを持っているスクールはありますが、あなたが目指すものが特殊メイクアップアーティストであるならば、メイクアップスクール選びについては、特に慎重に、自分の学びたいことを学べるスクールであるのかをしっかり調べるようにしましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加