メイクアップスクール 就職先

メイクアップスクールの卒業生はこんなところに就職している

プロのメイクアップアーティストの中にはフリーで活躍をしているという人もたくさんいますが、メイクアップスクールを卒業しすぐにフリーで仕事をはじめるという人は、まずいません。ほとんどのメイクアップスクール卒業生達は、就職をし、現場での経験を積んでいくことになります。

ここでは、メイクアップスクールを卒業したメイクアップアーティストの卵たちが、具体的にどんな業界に就職して活躍しているのかについてご紹介します。

メイクアップスクールには、様々な業界から求人が入ってくるため、多くの学生は学校にくる求人の中から目星をつけて就職活動をすすめていくことになります。メイクアップアーティストの活躍の場というのは近年幅広くなってきていますが、メイクアップスクールを卒業してすぐに就職する業界といえば、以下のような業界になってくるかと思います。

まずは、メイクプロダクションです。メイクプロダクションとは、メイクアップアーティストが登録し、派遣される事務所ですが、CM・TV・広告・雑誌・映画・スチール・ブライダルなど、様々な現場で仕事をすることになります。ヘアやメイクについての講演会などに講師として派遣されるケースもあり、幅広くメイクの仕事ができます。

次が化粧品関係です。化粧品メーカーに所属し、プロモーションを担当するなどが主な仕事になります。

トータルビューティーサロン・エステサロン、美容室、写真スタジオなどにも、メイクアップアーティストの活躍の場はあります。

これらの業界の中から、自分のすすみたい道はどんな業種なのかを絞って、就職先を決めていきます。メイクアップスクールでは、多くの学校でコース選択などで自分が目指す就職先に有利になるような技術を選んで身につけることができるようになっているかと思います。

ですから、できるだけ早く、自分の進みたい就職先を絞り込んで勉強できれば、就職の時には有利にすすめることができるでしょう。メイクアップスクールを選ぶ段階から、そのメイクアップスクールにどんな業界からの求人が多く来ているのかを調べたり、質問しておくと、先々のためにはいいでしょう。

メイクアップスクールによっては、卒業後にも転職する時などに、スキルアップのために追加でコースを受講することのできるメイクアップスクールや、転職の際にも学校の求人を利用して転職を支援してくれるメイクアップスクールもあります。そういった卒業後のサポート体制というのも、メイクアップアーティストとして就職していくには、大変大きいものですので、そのあたりのことも、入学前に確認をしておくと、就職の時に役立つでしょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加