メイクアップスクール 資格

メイクアップアーティストに必要な資格とは?

メイクアップアーティストとして活躍している人の中には、美容師免許を取得しているという人もいます。美容師免許があることで、メイクだけではなく美容師にしかできない幅広いコーディネートや、メイキングができる人もいるのですが、この美容師免許というのは、メイクアップアーティストにとっては必須の資格というわけではありません。

美容師免許は国家資格ですし、持っていて損になるということはもちろんないと思うのですが、メイクアップアーティストとして活躍するのに必要な資格というのは、美容師免許に関わらず一つもないのです。

メイクアップアーティストに必要なのは、資格よりも技術なのです。メイクアップ検定や、メイクアップに関する資格試験というものもありますが、これは国家資格などではなく、全て民間の協会などが運営しているものです。これらの検定や資格を取得すれば、それは自分のメイクアップに関する技術を客観的に証明する一つの材料にはなりますが、検定や資格があるということで、仕事をする上で有利に働くというわけではないのです。

メイクアップスクールによっては、資格が取れるということを売りにしているメイクアップスクールもあります。卒業と同時に上記のような民間の資格を取得できたり、資格や検定の受験資格が得られるるようになっているメイクアップスクールもありますが、美容師のような国家資格とは違うものだということをよく覚えておいてください。中には、「国際資格」というようなものもありますが、これにしても世界で通用するような資格ではなく、民間の団体が運営しているものです。海外の同じく民間の協会と提携して資格などの運営をしている場合もあるようですが、それでもやはり、自分のメイクアップに関する技術を客観的に証明する一つの材料に過ぎないのです。

メイクアップアーティストは、どんな検定に合格していても、どんな資格を持っていても、腕がなければ仕事はできません。検定や資格を目指すよりも、カリキュラムのしっかりとしたメイクアップスクールへ通い技術を身につけることが大切なのです。

しかし、逆にいえば技術を身につけて、腕さえ磨けば免許や資格などにしばられずに、自由に自分の力を発揮できる、自由で表現性の高い業界でもあります。本当に全ては腕次第ですので、確かな技術を身につけて、現場で活躍できるメイクアップアーティストを目指してください。


このエントリーをはてなブックマークに追加