メイクアップアーティスト 仕事内容

メイクアップアーティストの仕事の内容はどこまで?

メイクアップアーティストがどんな仕事をしているかというイメージは、みなさんだいたい持っていると思うのですが、実際に現場で活躍してるメイクアップアーティストがどんな仕事内容で働いているかというのは、実のところよく分からないという人もいるのではないでしょうか。

メイクアップアーティストの仕事内容は、極端な言い方をすれば人を綺麗にすることです。
人を綺麗にすることに関係することで、求められればそれは全てメイクアップアーティストの仕事ということになります。つまり、お化粧、ヘア、ネイルなど一般的にイメージする仕事内容以外にも、メイクアップアーティストの仕事は色々あるということです。

人を綺麗にするといえば、一般的にはメイクですが、メイクで美を引き出すためには、やはり肌が綺麗でなくてはなりませんので、肌ケアのアドバイスをしたり、実際にケアをしてあげるというようなことも、場合によってはメイクアップアーティストの仕事内容に入ってきます。

また、メイクをすれば、そのメイクにあった洋服を選ぶこともありますし、逆に既に決まっている洋服の魅力を活かすメイクが求められることもあります。その場合には、ヘアやネイルはもちろん、トータル的に美を引き出すことがメイクアップアーティストに求められている仕事です。

撮影用のメイクをする場合には、メイクアップアーティストはその日の天候や照明のことまで考えて、一番綺麗に写るメイクを考えなくてはなりませんし、化粧品会社に所属して、プロモーションなどでお客さんにメイクをするならば、商品の知識も持っていなくてはなりません。

メイクに関する基本知識や技術力はもちろんですが、仕事をする場所にあわせたより高度な技術や知識がなくては、メイクアップアーティストとして働くことはできません。また、メイクには流行がありますので、それをとらえるセンスも必要されます。メイクアップアーティストになった以上、そうした流行などにも常に敏感で、新しい技術などにも常にアンテナを張っていることも大切な仕事の一つなのです。

このように見ていくと、メイクアップアーティストの仕事内容というのは、単に綺麗なメイクをすればいいということではなく、トータル的に美を考えた豊富な知識や技術を持って美に取り組むことだということが分かっていただけたでしょうか。


このエントリーをはてなブックマークに追加