メイクアップスクール メリット

通学?独学?メイクアップスクールに通うメリットとは

わざわざメイクアップスクールに通わなくても、独学でもメイクの勉強はできるのではないか?と考えている方もいるのではないでしょうか。

確かに、美容についての関心も高い近年では、美容に関する専門書も本屋に行けば簡単に手に入りますし、雑誌やテレビなどでも特集が組まれることは日常ですので、それらを使って独学でメイクの勉強をすることは可能だと思うかもしれません。

しかし、メイクアップアーティストを目指すのであれば、私はやはりメイクアップスクールで知識や技術を身につけることをオススメしたいと思うのです。

メイクアップスクールに通うメリットは色々あるものです。例えば、メイクアップアーティストのメイクというのは、基本的には自分ではなく誰かのためにするものです。独学の場合、自分を使って練習をすることはできるでしょうが、練習代になってくれる人がいなければ実践的な練習をすることはなかなかできません。メイクに関する基礎知識を身につけることは本からでもできるかもしれませんが、実践的な技術を身につけるとなった時には、やはり独学よりも、手本を示してしっかりと指導をしてくれる講師がいるメイクアップスクールに通うことが望ましいように思います。

メイクアップスクールに通うことで、講師に自分の技術や知識を確認してもらいながら、基礎を固めることができるのです、また、講師は多くの場合すでに業界で活躍する人であることが多く、現場で活躍する経験者から学ぶことができるのは、これも大きなメリットです。

また、忘れてはいけないのが、メイクアップアーティストとしても進路についてです。

メイクアップアーティストというのは、特殊な仕事ですので、希望する業界によっては一般的な求人誌や求人サイトから仕事を探すことは、なかなか難しいという場合もあります。その点、メイクアップスクールには業界からの求人も多数入ってきますし、特殊な業界で就職するための就活ノウハウも持っています。これは、独学で勉強する場合との大きな違いです。

現場で活躍しているメイクアップアーティストの多くは、メイクアップスクールを卒業していますので、自分の学校の卒業生などの人脈で仕事が繋がるということもよくありますし、どこの学校を卒業したということは、採用する側からしても、ある一定のカリキュラムを終了しているということを判断する基準になります。しかし、独学で勉強したという場合には、たとえどんなに高い技術を持っていたとしても、それを書面上などで証明することが難しく、就職をすることを考えた上では一つの問題になることも考えられます。

知識や技術の習得、そして就職をしてメイクアップアーティストとして活躍をしていく上での豊富な情報と人脈を得るためにも、メイクアップアーティストを目指すのであれば、マイクアップスクールへ通うメリットは大きいと思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加